円満退職のコツ|保育士求人ナビ

気まずくならない!円満退職のコツ

転職はできる限り、円満に進めたいものです。これまでに培ってきた経験や人脈は、あなたの貴重な財産として、今後もあなたのキャリアを助けてくれる場面があるはず。今後も良好な関係を保てるように、ここでは退職までの流れ、退職の意思表示から退職するまでにおける、円満退職のコツをご紹介します。

■退職までの流れ

円満に退職するには意思表示から退職日までは平均して2カ月間程度を見ておくことが一般的です。また現在、在籍している園・会社に迷惑がかからないよういくつかのステップを踏まなければなりません。退職を決めた方、退職を迷っている方も退職するにはどのような流れで進める必要があるのか事前に確認しておきましょう。

▼退職の前に・・・
退職は状況により、あなたにさまざまなリスクをもたらす場合があります。職場都合ではない限り、次の職場を決めてから退職することをおすすめします。
▼退職日の2カ月前
意思表示のタイミングは2カ月前が理想です。その際、出来るだけ繁忙期は避け、時間に余裕を持って円滑に進むようにしましょう。また、この時に具体的な退職日を直属の上長と相談し、退職までのスケジュールを立てておきます。
▼退職日の1カ月前
上長の承諾を得てから、退職願を提出します。(一方的に突きつけるようなことはNGです)また、後任への業務の引き継ぎを円滑にするため、必要な引き継ぎ資料など整理しておきます。また伝え忘れが無いように、伝えるべき事柄をリストアップしておくのも良いでしょう。
▼退職日の2週間前
お世話になった方へのあいさつを進めます。ただし、職場の意向で事前のあいさつが出来ない場合もあります。まずは上長に相談しながら、挨拶状等の手配を進めましょう。
▼退職日
最終日までには身の回りの整理をしておきます。そして当日は上長、同僚に挨拶をして気持ちよく退職日を迎えましょう。

■退職願の書き方

退職願。知ってはいるけれどどのように書いたらよいのか分からない。そんな方のために、書き方のポイントと退職願のサンプルを用意しましたので、ご活用ください。

      >>>退職願サンプルはこちら(.pdf)

●用紙、筆記用具
白地の縦書き便箋に、黒ボールペンか万年筆で書きましょう。
●表題
一行目の中央に「退職願」と書きます。
●退職日
上長と相談の上、日付を決定し記入します。
●署名、押印
所属している部署と名前を記入し、その下に押印します。
●封筒
白地の縦長封筒の表の中央に「退職願」、裏に部署名と名前を記入します。
●書き出し
「私事」、または「私儀」と書きます。
●退職理由
具体的な説明は口頭で行えばよいので、「一身上の都合」とだけ記入します。
●退職年月日
退職願を提出する日。書いた日ではないので、ご注意ください。
●宛名
白地の縦長封筒の中央に「退職願」、裏に部署名と名前を記入します。

その他の転職はじめてマニュアルを見る

自己分析の仕方

自己分析の仕方

これまでの経験を整理すると、自身の強み、やりたいことが見えてくる!

良い求人の選び方

良い求人の選び方

効率的に、ご希望にぴったりの求人を見つけるために、是非お役立てを。

履歴書作成のポイント

履歴書作成のポイント

一目で分かる!採用担当の目にとまる履歴書のつくり方をご紹介。

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書作成のポイント

これまでの経歴を分かりやすく・確実に伝えるノウハウを公開。

面接必勝マニュアル

面接必勝マニュアル

好印象を与えるマナー、合否を分ける受け答えなど、ハウツーをご紹介。

円満退職のコツ

円満退職のコツ

初めてでも安心。円満退社のための退職交渉の方法をイチからご紹介。

気になる・知りたい!保育業界のセキララデータ&アンケート

このページのトップへ